にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村

2017年02月17日

【児童書】デブの国ノッポの国

集英社 子どものための世界文学の森シリーズ!

絵本ってほど挿絵ないけど「デブの国ノッポの国」買って読んでました。

08274018.jpg

私が小学生の時に大大大好きだった本。

ガリバーより好きだった。

息子がエルマーが楽しんでるから、これも絶対楽しめると思って。


寝る前の読み聞かせに1話ずつ読み進めていくのがいい感じ。

冒険、不思議な世界、自立、戦争…内容盛りだくさんでハラハラドキドキ。

ちょっと背伸びした自分になれた気がするのが冒険物のいいところ。

このシリーズはどれも結構読みやすいから、家に集まっちゃうと思う。

ピーターパン、オズの魔法使い、不思議の国のアリス、フランダースの犬あたり

早々に揃えたいなぁ。

娘には長靴下のピッピ、あしながおじさん、アルプスの少女、若草物語かな。

まだまだ早いけど。


5歳息子は最近ホント図鑑的な本ばかり好んで、自分からはストーリー物を選ばない。

2歳娘も図鑑よりになってきちゃってるから、私セレクトでどんどん物語を読んでいくぞー。


幼い頃の読み聞かせの記憶って、健在意識にももちろん残ってるけど、

潜在意識にも残ってて幸せ感を作ってくれてる気がするから、読み聞かせが最優先⤴


他に本屋で立ち読みして、買おうか迷ってた本「寿命図鑑」

9784866070100.jpg

地域の図書館で入荷してたから、買わない方向で。

もちろん動物や星の寿命とかもあるんだけど、ショートケーキの寿命は1日とか、

そんなページもあって結構面白いから、元気になったら借りに行こうと思う。


そうだ、息子から次の図鑑は「宇宙」でってリクエストあった!

9784062180498.jpg

予想外!昆虫とか動物がくると思ってたから、嬉しい⤴

これは親も早く見たいから、春休み早々に買っちゃうつもり(笑)

子どもと興味が合うと、こんなに嬉しいもんなんだなぁ❤
ラベル:絵本
posted by うめ at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ★本(家庭保育園以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック